2024/2/13

音楽含めた芸術が『救い』で在るのではなく、その芸術を感じた人それぞれがどうにか折り合いをつけて『自分自身を救って』いるだけだと常々思う。しかし、俺が俺自身を救うのは到底出来そうもなく、現状は様々な芸術にただ縋っているだけである。他に縋るも…

2024/2/1

「生まれてこなければ良かった」と思うことに慣れてしまった。かつて『ぼんやりした不安』を理由に自殺した文豪も同じ気持ちだったのだろうか、と思いを馳せる。今回の生で人生を肯定したい気持ちもあるが、どうにもこうにも疲れてしまった心が明日へと向け…

2024/1/16

優しくされたい、肯定されたい、幸せになりたい、と自分が思っている様で悲しい。優しくするのも、肯定するのも、幸せにするのも、自分自身でしかない。それはわかっているけれど。誰かを鏡に救われることなど無い、きっと。俺を許すのは俺自身だ。酒が無い…

2024/1/3

久々にライブハウス以外で年を越した。年越しと同時にテキーラで乾杯する、という今どきの大学生でもやらないような年越しをした。いつものお店は大晦日の23:50ごろに慌ただしく常連客が流れ込んできた。やはり『年を越す』という行為はどこの誰にとっても特…

2023/12/25

いつまで自分を責めれば良いのだろうか。いつになったら俺は俺を許せるのだろうか。 散々「誰かに寄り添う」音楽、演者、発信諸々に中指を立ててきた。どうしても理解できなかったし、それが体の良いフェイクのように感じていた。先日の友人の結婚式に出席し…

2023/12/14 エンジン

自分は人として大きく欠落しているなぁ、と感じる。周りの友達と比べて。対バンと比べて。後輩と比べて。先輩と比べて。「人と比べてどうであるか」よりも、「じゃあ自分がどう在りたいか」だろう?と言い聞かせても考えてしまう。顔面も、身長も、男らしさ…

2023/11/14 浅はか

中身が無い、薄っぺらい、浅はかだ、と言われることに怯えている。齢26にして人生経験は人並みにこなしてきたつもりだが、それらに関する考察或いは反省の質が足りてないのではないか、と悩む日々。時間よりも質。シャワーを浴びながら考える昨日や一昨日や…

2023/11/12

昨日は家から目と鼻の先にある東邦大学の学園祭へと足を運んだ。東邦大学の出身でもなく、東邦大学に在学していた知り合いは全員卒業してしまっている今、俺が目的としていたのは他でも無くゲストアーティストとして招かれていた「にしな」さんのライブだっ…

2023/9/2 ミニマム

自分の部屋にあったテレビと旧式のWindows、そしてヘアアイロンをついに売りに出した。自分の手の届く範囲がかなり狭いこと、そして抱えられる量の少なさに気がついたとき、とにかく物を減らすことにした。できるだけ少なく、研ぎ澄ませる。最小単位で最高速…

2023/8/29 旗を振る

いつかのあの子を何度も思い出す。ハッピーエンドの映画を観たとき、料理が美味しい居酒屋を見つけたとき、仕事でムカつくことがあったとき、良いライブが出来たとき、そして良いライブが出来なかったとき。彼女ならなんて言うだろうか?夜中目を覚ましてシ…

2023/4/14 近況、メンバー加入、scribble、5/4のイベントEchoのこと

前の記事から今日までの間に冬を超えた。ヒートテックをクローゼットの奥底にしまって、毛布を2枚から1枚に減らした。2022年はいつの間にか2023年に変わっていた。千葉に戻ってからも仕事は多忙を極めて、いつも同じような仕事を抱え、頭を抱え、挙げ句の果…

2022/11/9-2022/12/19 消えない

雪が何度か降り積もって溶けるのを見た。結露した窓に掌を当てると手形が残ってそこから水滴がゆっくりと伝った。千葉で生まれ育った男にとっては東北の雪は厄介なものだった。スニーカーは外に出る度にぐっしょりと濡れて、足先が凍えているのが常だった。…

2022/11/8

機材のことを考えていたらすっかり夜が更けていた。関東に戻ったらいち早く試奏して、必要なものを買ってしまいたい。そんなこんなで来月の今頃にはボーナスが出ている。今年はまあまあ働いたし、多めにもらいたい。今日ついに転職サイトに一つ登録してしま…

2022/11/7

腹痛に見舞われ帰ってからすぐに就寝。近頃は雨が続いている。湿度が高い地域だと聞いていたが、最近はそれを身をもって感じている。ビニール傘もボロボロになってきている。雪が本格的に降る前に千葉に帰れれば良いが、土曜には雪予報も。車間距離を多く確…

2022/11/6

昼頃に起きてやっていない家事を終えた。午後には電車に乗って秋田駅まで。エフェクターの試奏をしに行った。片道50分かけて試奏したエフェクターがあまり良くなくて凹んだ。先輩方にLINEをして相談。やっぱり試奏が必要だ、と結論が出た。帰りも片道50分。…

2022/11/5

一日中ベッドの中で過ごした。完全に電源をオフにしていた。連絡も返すのが遅くなってしまった。映画"セブン"を見た。少し鬱気味のときに見るべきでは無い映画だった。完全に消耗。飯も食わなかった。おそらくこの日は4時間くらいしか起きてない。大変申し訳…

2022/11/4

昨日の酒が少し残っていたのでこの日は家で過ごした。Primeでヤラしい映画を見た。あんまりワクワクしなかった。容疑者Xの献身も見た。思い返せば物理学科の学生だった俺も実験のシーンは少しワクワクした。結局、最初から最後まで鑑賞。『最愛』は名曲だ。…

2022/11/3

一日めちゃくちゃ酒飲んでいた。明らかに増えた飲酒量。だけど未だにビール以外では悪酔いしてしまう。背伸びは厳禁、だけど今の自分を大きく見せたくなる。オスの習性だろうか。ともかくELLEGARDENの新曲を沢山聞いていた。Amazon Primeでドキュメンタリー…

2022/11/2

隣の国で起きた悲しい事件のことを考えていた。属人的な責任を責めるのは簡単だが、本質的に改善するにはやはり"仕組み"が大事だと思う。悲しいが犠牲を払わずに人はそれに気づけない。ご冥福をお祈りすることも大事だが、「じゃあどうする?」を考えたい。…

2022/11/1

一日中を測定で費やした。かなり目や肩や腰に負担がかかる作業。閃輝暗点が見えるまでは働けることを知っているのでたまに遠くを見つつ作業をした。顕微鏡とはかなり仲良くなった。計測結果は良好。悪くなかった一日。誰かと話したくなって連絡もしてみる。…

2022/10/31

気が付けばもう25歳になって半年過ぎている。あまりに目まぐるしい一年だった。良いことも悪いことも沢山いただいたが全部合算するとプラスになっている気がする今日この頃。"くだらない歌はもう歌わない"と灯人の新曲に書いたが、この歌も文章もいつの日か…

2022/10/30

アンレーヴでライブ。少し緊張したけれどきっと良いライブに出来たと思う。ずっと話してみたかったある演者とも話せた。かなり苦しい話を聞いた。はっきり言って角が立つ話だからインターネットには残せないがかなり苦しい話だった。この街で7ヶ月暮らしてい…

2022/10/29

ブランズハッチにて軽くライブ。ハロウィーンということで華やかな店内。いつからかこのようなイベントを楽しむことは無くなった気がする。斜に構えて遠ざけていたのではない。ただ勝手に離れていった。今改めて考えてみると自分のことで精一杯だったのだろ…

2022/10/28

クソみたいにメンタルが終わっていた。半べそでゆで卵だけ食って寝た気がする。最悪の金曜だった。現実って奴はいつだって容赦がない。少しは優しくしてほしい。そのためには俺も優しくならなくてはいけないのだろうか。くだらない。くだらない夜だった。く…

2022/10/27

でかいストレスを抱えて個人練に行った。カラオケ屋に通い過ぎてクーポン券を腐るほど持ってしまっている。使う度にクーポンを渡してくるのならいっそのこと最初から値下げした金額にすれば良いのに。そんなことを考えるが、きっと俺の知らない事情や仕組み…

2022/10/26

深夜に散歩をした。星がやたらと綺麗だった。コンビニで買った暖かいカフェオレを飲むと甘さとほんの少しのほろ苦さが連日のアルコールでくたびれた体を癒してくれた。スニーカーで踏み締めるアスファルト。年内にこのスニーカーで雪を踏み締めることになる…

2022/10/25

急に寒くなってきたので上着を買いに行った。良い買い物をした。暗くなるのも早くなり、いつの間にか冬に片足を突っ込んでいる。息が白くなる朝には、やたらと青く澄んだ空がフロントガラス越しに覗いていた。暖房をつけて曇りを取るところから始まる出勤。…

2022/10/24

二日酔いによる絶望の起床。鯖缶で簡単な味噌汁を飲んで少し回復したが、吐き気を抱えつつ車で会社へ。昼休憩の半分は仮眠をして過ごした。一日気持ち悪かった。次の日仕事の時には角瓶を飲まないことにした。良い加減ビールを卒業したいのだが、結局俺が酒…

2022/10/23

この日も個人練をした。最近は仕事がかなり苦痛になってしまい、夕方からメンタルが不安定でガタガタになってしまった。個人練は早めに切り上げて、家で角瓶を飲みながら料理をした。かなりベロベロになってしまいまともに肉が焼けなかった。若干生の鶏肉を…

2022/10/22

昼過ぎに起床。かなり沈んでいたが個人練には行けた。ボイトレも受けた。出来るだけ"有意義"を積み重ねた。毎日同じ時間に起きて、仕事に行って、ご飯を作って、洗濯をして、掃除をする。当たり前の日々を繰り返しているとき、ふと「これ誰のためにやってい…